カートをみる マイページへログイン ご利用案内 お問い合せ サイトマップ
RSS

日本酒の燗について

この日本酒の味わい方は、冷やした方が良いかお燗が良いかとよく聞かれます。基本的には冷凍(シャーベット)から熱燗まで幅広い温度で楽しめるのが日本酒の持ち味でもあります。(火入れをしていない生酒等は原則冷やしてお飲み下さい。)

燗についてですがやはり湯せんをしていただくのが1番かと思います。冬の寒い時期に関わらず、日本酒のアルコールは80℃で蒸発してしまいます。ですから、電子レンジなどの急激な加熱では日本酒本来の味を損なう場合があります。ゆっくりじっくりと温めるようにして下さい。

瓶から徳利に移して鍋に沸かしたお湯の火を止めて温める。徳利は陶器のものだと熱の伝わりが穏やかなのでお勧めしたいです。特に徳利も肩までつけてまんべんなく熱を伝えて下さい。

燗の温度は…人肌燗で35℃ぐらい、ぬる燗で40℃ぐらい、熱燗で50℃ぐらいです。

燗にするとメリットがあります。冷たいままではわからなかった日本酒の本来の上手さが頭角を現したりします。また、体を冷やすことがなく胃腸に優しい飲み方です。何よりも徳利からちびちびと飲む飲み方は、ほろ酔いのままで美味さを長く味わえて料理やつまみもまた美味しく味わえるのです。冷酒にしてもどちらかといえばお猪口で飲むことをお勧めしたいですね。コップからぐいぐいやるのは、急に酔いが回る飲み方ですので、ゆっくりを原則にして料理の味もわかる楽しみ方がいいと思います。

当店の燗用の美味い酒をおススメいたします。

誉国光・谷川岳燗酒1800mlセット

ページトップへ