カートをみる マイページへログイン ご利用案内 お問い合せ サイトマップ
RSS

好みの日本酒の見つけ方

【日本酒の説明】

日本酒は「清酒の製法品質表示基準」により、特定名称酒と広く一般的に販売されている普通酒があります。

吟醸酒…米、米こうじ、醸造用アルコールを主原料として、精米歩合60%以下。爽やかで軽快さがあるお酒でフルーティーな香りと飲みやすさが特徴です。

大吟醸酒…米、米こうじ、醸造用アルコールを主原料として、精米歩合50%以下。吟醸酒よりもさらにフルーティーで飲みやすく、サラリとした味わいが特徴のお酒です。香りを楽しみたい方にオススメします。

純米酒…米、米こうじを主原料として、精米歩合70%以下。純粋に米だけを使って造られており、米の味わいが強く、米の旨味とコクをしっかり感じることができます。

純米吟醸酒…米、米こうじを主原料として精米歩合60%以下。吟醸酒でも醸造用アルコールを添加していないので、吟醸酒に比べると穏やかな香りになります。

純米大吟醸酒…米、米こうじを主原料として精米歩合50%以下。大吟醸酒でも醸造用アルコールを添加していないので、控えめな香りで味わいはとても深いです。

特別純米酒…米、米こうじを主原料として精米歩合60%以下で特別な製造方法をしています。表示を参照して下さい。それぞれに持ち味があり、香りも味も特徴があります。

本醸造酒…米、米こうじ、醸造用アルコールを主原料として精米歩合70%以下。旨味や甘味はあまりなく、より軽い飲み口でスッキリとした味わいがあります。

特別本醸造酒…米、米こうじ、醸造用アルコールを主原料として精米歩合60%以下で特別な製造方法をしています。表示を参照して下さい。それぞれに持ち味がありますが、香りや味が特に良好なものが多く、味わう楽しみがあります。

【その他ラベル表示】

ひやおろし…季節限定のお酒です。春先に造った新酒を貯蔵タンクで夏越しし、秋に出荷するお酒です。旨味が出てまろやかなお酒です。

原酒…割り水(製造過程でアルコール度数を調整するための水)を加えないお酒です。アルコール度数が高いためにまろやかさには欠けて荒々しい飲み口です。しかし、この特徴ある個性が酒好きな方にはたまらない味わいです。

しぼりたて・あらばしり…もろみから搾ったばかりのお酒です。搾り器から最初にほとばしるように出てきたもので、香りも高級で切れ味が良いお酒です。

中取り・中汲み・中垂れ…あらばしりの次に出てくるお酒で、味と香りのバランスが抜群に良いお酒です。

斗瓶取り・斗瓶囲い…もろみから生酒を搾る工程の中で出てきた酒を斗瓶に分けてそこから良い物を選ぶ方法があります。出品酒などの高級酒に多く用いられる貴重な味わいを楽しめます。

無蘆過…生酒の中にまだ残っている細かい滓(にごり成分)や雑味をそのまま残したお酒です。味も香りも調整されていないので荒々しい味ですが、このお酒の特徴がむしろ味わい深いです。

にごり酒・おりがらみ…にごり酒は意図的に滓を残したもので、発酵が持続して発泡性のお酒です。おりがらみは滓下げをしないもので、どちらも固形物が残ったままです。滓を残してあるのでもろみ独特の濃厚な香りや旨味を味わえるお酒です。

生酒…火入れ処理を一度もしない清酒で、劣化しやすいので鮮度管理が必要なお酒です。加熱しないことにより、飲んだ時にとてもフレッシュな味わいを楽しめます。フレッシュな分、熟成感がないので冷蔵保存して引き締めた味にして、味の荒さを消して味わっていただきたいお酒です。


【甘口と辛口表示について】

〈日本酒度表示〉
+5以上辛口
+4〜−1前後やや辛口
−2〜−5中口
−5〜−10甘口

日本酒に含まれる糖分やアミノ酸の量が多いか少ないかで決まります。辛口ほど日本酒度が高く、甘口ほど日本酒度が低いです。
ただし、日本酒度の違いの他に酸味の違いもあり、辛口甘口の味わいが変わることもあります。
日本酒度等はあくまでも参考にして、販売店にお気軽にお尋ねいただくと良いと思います。


【日本酒と健康】

きちんと保存されているいい日本酒ならを前提として…米からできたお酒であり添加物も少なく体を冷やさない酒と言われていて、適量を飲むなら体には悪いお酒ではありません。
昔から玉子酒に使われてきた日本酒は、体を温めることから風邪に効果があるとも言われてきました。
日本酒離れが久しいですが、どんなお酒でも自分の適量を知り、楽しく美味しく味わえるお酒です。提案として、日本酒はアルコール度数が高いので水を活用した飲み方をお勧めします。
飲んだ酒量ぐらいの水を飲むと良いのです。日本酒は水を飲みながらでも味の特徴を失うことはありません。
利き酒会では水をたくさん飲みながら味わいを楽しみます。
二日酔い予防には塩分主体のミネラル補給をぜひお試し下さい。

【美味い日本酒とは】

名水の地に銘酒ありと言われるように「水」の美味さが欠かせません。美味しい日本酒を造るには美味しい水が必要なので、名水と呼ばれる水のある地域のものは本物です。
ちなみに片品尾瀬の水は名水100選に選ばれています。

【日本酒と合う食事】

日本酒は食中酒と言われます。どんな食材とも良く合い、食事の邪魔をしません。食べながら飲む楽しみが味わえるお酒です。
和食全般は当然ですが、イタリアン、中華、フレンチにも味のバランスが良くて美味さを味わえます。味の濃淡や食材やメニューに合わせて、日本酒の種類を変える楽しみも味わっていただけばわかります。後は決まり事などなく、お好みでいただくのもありだと思います。

前菜系には大吟醸酒、刺身や煮物には純米酒、熱燗にしたら鍋やコクのある料理に最高です。メイン料理には熟成酒が良く合い、肉や中華料理にはにごり酒も美味さを楽しめるお酒です。チーズ、クリーム系料理には吟醸酒がお勧めできます。

あとは四季折々の食材を季節を感じながら日本酒で一杯…が何よりの贅沢な味わい方かと思います。

日本酒は祭りに欠かせないもの、献上品、地域の特産などいろいろなことに役立つものでもあります。
ぜひ、日本古来より親しまれてきた日本酒を見直して味わってみて下さい。日本に生まれてよかったと思える美味さがここにあります。

日本酒の味わい方

【日本酒の味わいと温度】

日本酒を飲む時、飲んでみたい時…スッキリとした旨味を楽しみたいのか、またはコッテリとした旨味を楽しみたいのかで選び方は大きく変わります。

日本酒としてはフルーティーな味わいのあるお酒。
日本酒の存在感を感じさせる米の味そのものを味わうお酒。
それらはお好みしだいです。

「冷やす」
フルーティーな香りを楽しみ、新鮮な日本酒を味わいたい時。
「常温」
じっくりと食材と合わせて時間をかけて飲みたい時。
「温める(燗)」
口の中に広がる味わいを楽しみたい時。

酒のつまみで温度を変えたり、季節で飲みたい温度が変わるでしょうが、決まりなどなく自分が美味いと思う飲み方を探すのも楽しいものです。
日本酒は味わうほどに美味いと思えるお酒です。アルコール度数も高いのでゆっくりと美味さを口や舌で確かめながら飲んでいただきたいお酒です。

きっとそこには造り手の味わって欲しいと思う心が伝わるはずです。

日本酒の燗について

この日本酒の味わい方は、冷やした方が良いかお燗が良いかとよく聞かれます。基本的には冷凍(シャーベット)から熱燗まで幅広い温度で楽しめるのが日本酒の持ち味でもあります。(火入れをしていない生酒等は原則冷やしてお飲み下さい。)

燗についてですがやはり湯せんをしていただくのが1番かと思います。冬の寒い時期に関わらず、日本酒のアルコールは80℃で蒸発してしまいます。ですから、電子レンジなどの急激な加熱では日本酒本来の味を損なう場合があります。ゆっくりじっくりと温めるようにして下さい。

瓶から徳利に移して鍋に沸かしたお湯の火を止めて温める。徳利は陶器のものだと熱の伝わりが穏やかなのでお勧めしたいです。特に徳利も肩までつけてまんべんなく熱を伝えて下さい。

燗の温度は…人肌燗で35℃ぐらい、ぬる燗で40℃ぐらい、熱燗で50℃ぐらいです。

燗にするとメリットがあります。冷たいままではわからなかった日本酒の本来の上手さが頭角を現したりします。また、体を冷やすことがなく胃腸に優しい飲み方です。何よりも徳利からちびちびと飲む飲み方は、ほろ酔いのままで美味さを長く味わえて料理やつまみもまた美味しく味わえるのです。冷酒にしてもどちらかといえばお猪口で飲むことをお勧めしたいですね。コップからぐいぐいやるのは、急に酔いが回る飲み方ですので、ゆっくりを原則にして料理の味もわかる楽しみ方がいいと思います。

当店の燗用の美味い酒をおススメいたします。

誉国光・谷川岳燗酒1800mlセット

ページトップへ